• OLがベビーシッターに転職する長所と短所とは何か

    OLがベビーシッターに転職すると両親が応援してくれる、地域で話題になる、元同僚がお客になる、などの長所が期待できます。

    エキサイトニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

    両親にベビーシッターになることを教えると、最初は否定的な意見を述べると想定されます。


    給料的には今迄働いていたOLのほうが安定しているため、両親の意見は不思議ではないです。

    ただ、ベビーシッターとして必死に働いている姿を両親が見ると、次第に応援するようになってきます。



    また、両親は認知度を高めるため、周囲の人達に娘のことを話していきます。


    珍しい職業でもあることから、地域の人々は興味を抱き様子を見に来る可能性が高いです。


    その時は、お客が増えるきっかけになるので、仕事をしている所を見せてあげましょう。

    あと、OL時代の同僚達が、応援のためお客としてやってくる場合があります。

    開業してすぐはお客が来ないことから、開店休業状態だったと思われるので、その時は嬉しくて感動の涙が出るかもしれないです。

    短所は幼児の世話は結構大変、預かっている最中はトイレに行きにくいなどです。



    幼児は好奇心が旺盛なため、色々な物に興味を抱くのでどこにでも行きたくなります。

    成長時で体重も増加傾向なため、何度も持ち上げていると疲れてもおかしくないです。腰にバンドをして仕事をすると、腰に負担がかかりにくくなります。

    また、幼児を預かっている最中にトイレに行く時は、トイレ内に幼児のオムツを交換可能な設備があれば一緒に入れます。